ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

生活

ぼっちな大学生は損をするのか? メリットとデメリット

投稿日:

 

どうも!ヤベチュウでーす!

大学生の皆さんはキャンパスライフを楽しんでいますか?

遊んだり勉強したりバイトしたり!

中には楽しいキャンパスライフを夢見ていたが、ぼっちになってしまった方もいるかも。

僕も大学では一人で行動することが多かったです。

今回は大学でぼっちになることのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

僕はどうだったのか

僕の場合は、どこかに遊びに行ったりご飯を食べに行ったりするほどの友達はできなかったが、講義で一緒になれば楽しく話せる人が数人いたくらいです。

なので、「ぼっちじゃないけどぼっち、ぼっちだけどぼっちじゃない」みたいな中途半端なところにいました。

それが良かったのか、特に困ることなく大学生を終えることができた!( ^ω^ )

僕は一人の方が好きなタイプなので、ちょうど良かったかな!

 

 

メリット

時間がある

周りに干渉されることがないので、自由に使える時間がたくさんあります。

資格の勉強をしたりバイトをしたり趣味に費やしたりなど自分の好きなことに取り組むことができます。

「大学生は人生の夏休みだ!」なんてことを言われていますが、その期間に自分のスキルアップのために時間を使うこともできる!

これは大きなメリットですね。

 

 

お金に余裕ができる

ぼっちはサークルや部活の飲み会はないですし、付き合いで無駄な出費をすることもありません。

結果、お金が節約できて余裕ができます。

何より、そのお金を自分の趣味や好きなことに使えますね。

 

 

気楽

他人に合わせる必要がなく、自分のペースで物事を進め、生活することができます。

好きな時に遊んで、好きな時に勉強して、好きな時に寝る。

面倒な人間関係もないですし、気を使う相手もいないので、とにかくストレスがなく、気楽でいられます。

 

 

デメリット

情報不足

大学ぼっちの最大のデメリットは情報不足です。

  • 履修登録

「この講義は単位が取りやすい」「あの教授はわかりやすい」「この講義は出席を取る」などの情報は履修登録をする際に、自分に合った講義を選ぶために必要になります。

 

  • 試験や成績

教授によって試験の特色や成績の付け方が異なります。

「試験内容は難しいが、去年と同じ問題だった」なんてことは普通にあります。

なので、過去問を手に入れることは大学の試験においてはかなり重要なこと。

 

  • 緊急の連絡

休講や教室変更などの緊急な連絡は授業中や掲示板で発表されます。

その情報を自分一人で集めなければなりません。

 

 

授業を休めない

学ぶことを目的に大学に入った方や自分で勉強できる方には、あまりデメリットにならないかもしれません。

ただ、病気になってしまった時を考えるとデメリットになり得ます。

止むを得ず授業を休みたいが、一度休んでしまうと全然わからなくなってしまうような講義もあるでしょう。

そんな時に友達がいれば代わりに出てくれますし、ノートを見せてもらうことも可能になる。

ぼっちが授業を休むことはかなりのリスクです。

 

 

コミュニケーションが苦手になる

大学は基本的にはクラスのようなものはないので、ぼっちの場合は誰かと話す機会が極端に減ります。

人によっては退屈に感じたり寂しく感じたりして、心が壊れてしまうかもしれません。

コミュニケーション能力は必須スキルですから、バイトをするなどで対策しましょう。

 

 

 

まとめ

ぼっちのメリット・デメリットを紹介しましたが、当然ながらぼっちではないことにもメリット・デメリットは存在します。

正解はないので、自分に合ったスタイルを見つけて、楽しいキャンパスライフを送ってください( ^∀^)

つまらない人間関係に悩んでいるくらいなら勉強をしましょう!

では!٩( 'ω' )و

 

最後までありがとうございました!

-生活

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.