ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

IT 時事・お得な情報

デジタル遺品のトラブル 今からできる準備とは?

投稿日:

デジタル

デジタル遺品」という言葉はご存知でしょうか。

デジタル遺品を題材としたドラマ『dele』で知ったという方も多いと思います。

 

パソコンやスマホなどのデジタル機器に残された情報は個人情報を多く含むので、しっかりとした対策が必要です。

写真・履歴・メモ・SNS・メール・ネット口座など様々なものが存在し、中には他人に見られたくない情報もあると思います。

 

ネットが普及して多くの人がパソコンやスマホを使っている今、デジタル遺品に関する相続や支払いなどのトラブルが増えています。

IDとパスワードが必要なものは対処に困難を極めますし、わかったとしても不正アクセス禁止法に触れてしまうケースもあります。

 

自分にもしもの時があった時を考えて今の内に何をした方が良いのか。

身近な人が亡くなった場合に遺族はデジタル遺品をどのようにしたら良いのか。

 

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは

持ち主が亡くなり、遺品となったデジタル機器に保存されたデータ、インターネット上の登録情報などのこと。SNSのアカウント、知人や友人の連絡先、日記や予定表、ネットショッピングの利用履歴やクレジットカード情報、ネットバンクの情報、IDやパスワードなど、その種類は多岐にわたる。

大塚商会(IT用語辞典)より引用

 

特にSNSには他人に見られたくないやり取りや素顔が存在すると思います。

生前にデジタルデータについて適切な対処をしていないと家族や親戚に迷惑が掛かるだけでなく、自分の名誉を失墜させてしまう可能性があります。

そうならないために以下で問題点とその対処法を見ていきましょう。

 

問題と対処法

見られたくないデータ

家族だとしても誰にも見られたくない写真や動画、メッセージなどデータがあると思います。

それらのデータは端末のロックとは別にさらにロックを掛けておくと良いです。

また、日頃からこまめに削除しておくことをオススメします。

 

それでも心配な方は、「死亡時自動削除ソフト」というものを使うと良いでしょう。

これは一定期間更新などがない場合に、自動的にファイルを削除してくれるというものです。

かなりありがたいですが、大きな怪我などで入院したときは注意が必要になります。

生きているのに消えてしまっては困りますからね。

 

他の方法としては、

本当に信頼できる人に「自分の死後のデータの取り扱いについて」を話しておくと安心できると思います。

 

借金

FXなどのネット口座は故人が周りには秘密でやっている可能性があります。

つまり、遺族はネット口座の存在に気付くことができません。

 

死後、利益が出ていた場合には良いですが、損失が出てしまった時には家族にかなりの負担をかけてしまうことになります。

そうならないために家族に伝えておくことをオススメします。

あるいは、自分の死後に家族の目に届きやすい場所にネット口座の情報を保管しておくと良いでしょう。

例えば、エンディングノート通帳に挟むとわかりやすいと思います。

 

相続

やはりお金の話は出てくると思います。

遺言書があればいくらか話は楽になるでしょうが、争いが起こることも珍しくありません。

争った結果、ようやく決着がついたところで、

ネット口座などの財産が見つかれば、また争いが生まれるでしょう。

自分の死後に家族にそんな争いをして欲しくないと思います。

なので、しっかりと遺言書を残したり財産があることがわかるようにしたりしておきましょう。

 

捨てるとき

故人のパソコンやスマホを処理する際に、内部データの削除が不十分なため、個人情報が流出してしまうことも考えられます。

詳しい人や代行業者に頼んでから処分をしましょう。

 

まとめ

エンディングノート

普段から家族や信頼のできる人と話し合うことが大切だと思います。

IDやパスワードをエンディングノートに記しておくと、遺族の負担を軽減できるのでオススメです。

 

絶対に他人の目には触れたくないものは、日頃からしっかりと整理しておきましょう。

 

最後までありがとうございました。

 

-IT, 時事・お得な情報

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.