ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

生活

【安全運転の心得】僕が運転するときにいつも意識していること

投稿日:

 

こんにちは、ヤベチュウです!

危険な運転をしている方をニュースで見たり、実際に見かけたりすることがあるので、今回は僕が運転するときに意識していることを記事にしました。

自分自身の運転についての見直しの意味も込めて書いています。

自動車はとても便利ですが、時に人の命を奪ってしまうような凶器にもなってしまいます。

安全運転をするためにも心得を再確認しましょう。

ぜひご覧ください!

 

 

集中する

外出は楽しいものですよね。

これから何をしようか、何を食べようか、どんな楽しみがあるのかなど。

しかし、目的地に着く前に交通事故を起こしてしまっては、楽しいはずの外出が最悪のものになってしまいます。

運転する時には運転に集中するべきでしょう。

 

 

基本的には譲る

道路は自分だけのものではありません。

他の多くの人も利用する公共のものです。

自分本位の運転はやめましょう!

お互い譲ろうとせずに、わざわざ狭い道に突っ込む方をたまに見かけます。

心に余裕を持って譲るだけで、お互いが安全に通れるのにな〜って思っちゃいます( ̄▽ ̄;)

譲り合いの精神は大切ですね!

後続車や道路環境に依りますが、僕は基本的には相手の方に譲るようにしています。

そうすれば相手の方も自分自身も安全に交通できますよ。

 

 

交通ルールを守ること

これは当たり前のことですね。

信号を守る、標識に従うなど交通ルールはすべての人が安全に交通するために守るべきもの。

飲酒運転や居眠り運転なんて言語道断です!

最近では、スマホをしながら運転していて事故を起こしたというニュースが増えていますね。

自動車は少しの気の緩みで凶器にもなってしまいます。

誘惑に負けずに運転する者としての自覚をしなければなりません。

人の命の尊さを覚え、責任感を持って運転しましょう。

 

 

心身が良好であること

熱があったりフラフラしている状態では、判断力が低下するのでとても危険です。

そのような状態でも行かなければならない所があるのであれば、他の人に運転を頼むかタクシーを利用すると良いでしょう。

 

身体だけでなく、心も平常であるべきです。

心の状態は運転に出やすく、イライラしているときは危険な運転になってしまいがち。

また、悩み事があったり落ち込んでいたりしているときには運転に集中することが難しいです。

 

しっかり休み、心身が共に良好になったときに運転しましょう。

 

 

初心を忘れない

「相手の車が譲ってくれるだろう」

「歩行者は飛び出して来ないだろう」

運転に慣れてくるとこうした《だろう運転》をしてしまいがちです。

さらに慣れてくると自分の運転技術を過信するようになり、危険運転につながるような割り込みや追い越しをしてしまう方もいますね。

交通事故を起こしてしまう前に見直すべきでしょう。

僕は運転免許を取得した頃の適度な緊張感を持って運転していた時のことを忘れずしています。

 

 

まとめ

僕も上で偉そうに言っていますが、自分の運転技術に過信せず、安全運転を心掛けていきたいと思います!

心身が悪いときは、休みましょう!

無理はダメですよ( ^ω^ )

みんなで安全な世の中を作っていけたら良いですね!

 

最後までありがとうございました。

-生活

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.