ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

IT 時事・お得な情報

AirDropって?iPhoneユーザー必見!使い方と繋がらない時の対処法 AirDrop痴漢って?

更新日:

AirDropって聞いたことあるけど詳しく知らないから使ったことないという方もいると思いますが、実は写真や位置情報が簡単に共有できる便利な機能なんです。しかも暗号化されていて高度なセキュリティに守られている上に高速で通信できます。注意しなければならないこともありますが、それは後述したいと思います。

 

 § AirDropで出来ること

AirDropはBluetoothやWi-Fiを用いて、近くにあるiPhoneやMacなどのApple製のデバイスを使っている人とデータを共有できる機能です。

共有することができるものは

・写真

・位置情報

・連絡先

・動画

・音声

・ExcelやWordのファイル

・Safariで見ているWebサイト

・App Storeのアプリ

・メモ

などなど。

 

 

 § 使い方

Macなら「Finder」>「AirDrop」で、下の青色文字の「このMacを検出可能な相手:なし」をクリックする。「全員」を選択。

 

iPhoneでは、「設定」>「一般」>「AirDrop」で選択出来ます。

また、コントロールセンターからもできるので見ていきましょう。

画面をスワイプしてコントロールセンターを出す。赤枠の部分を強めに押してください(3D Touch)。

赤枠の「AirDrop」をタップして、「すべての人」を選択する。

 

これで設定は完了です。

次に使い方です。以下の例は写真を共有する場合とSafariを共有する場合です。

写真の場合(複数選択可能)

画像を選択して、左下の共有ボタン(マーク)をタップ。

接続済のデバイスが表示されるのでそこをタップ。

 

Safariの場合

画面一番下の真ん中の共有ボタン(マーク)をタップ。

接続済のデバイスが表示されるのでタップ。

 

他の場合でも共有ボタンをタップして、共有した人をタップするだけです。

 

 § 繋がらない時の対処法

・BluetoothとWi-Fiを一度オフにして、再度オンにする。

・AirDropが「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」のどれになっているか

・再起動

以上を試みれば大抵の場合は解決できます。

 

 § 注意点

使わない時は「受信しない」にしておくことをオススメします。

接続した時に自分の名前が表示されるので、全く知らない人と接続された場合に自分の名前を知られてしまう可能性があります。

AirDrop痴漢」なんてものまで存在します。

これは、見知らぬ人からAirDropを通して卑猥な画像が送られてくるというものです。受信側で受信するか否かを選択することができますが、プレビューに画像が表示されてしまうので、嫌でも目に触れてしまいます。さらに送信者を特定するのが難しいので非常に悪質です。

以上の理由で、AirDropの設定は「受信しない」にしておくことが良いと思います。

 

 § まとめ

簡単かつ高速に共有できるので、ぜひ試してみてください。

自分は普段は「受信しない」にしてあります。使うときだけ「すべての人」にして共有しています。

AirDropはなかなか便利!!

-IT, 時事・お得な情報

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.