ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

勉強 雑学

学習効率を大幅にアップ!!「ラーニングピラミッド」を意識しよう!

更新日:

こんにちは、ヤベチュウです。

 

普段、どのような方法で勉強をしていますか?

授業をしっかり聴く・参考書を読む・友達と教え合うなど様々な方法があると思います。

そんな中でこんな経験はありませんか。

「毎日勉強しているのに、成績が上がらない」

「頑張って長時間勉強しているのに、全然覚えられない」

 

そこで「ラーニングピラミッド」を意識して学習をしましょう。

効率よく勉強をすれば時間を有効に使うことができます。

 

ラーニングピラミッドって何?

まずはラーニングピラミッドが何なのか。

アメリカ国立訓練研究所の研究によると、学習方法と平均学習定着率の関係を表したものを「ラーニングピラミッド」と言います。

(出典:エドガー「ラーニングピラミッド」)

 

下層に行くほど学習定着率が高くなります。

確かに講義を受けただけの知識よりも人に教えた時の方が頭に残りますし、理解も深まりますよね。

 

アクティブラーニング

先生が前に立って講義をするだけのものはどうしても受動的になってしまい、それを聞いた人の頭にはなかなか残らないでしょう。

しかし、友達と議論したり教え合ったりする行為は能動的な学習なので定着率は高くなります。

この能動的な学習のことを「アクティブラーニング」と言います。

 

アクティブラーニングは、世界的に有名な大学(ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学など)の講義で活用されて高い評価を得ていることもあり、教育体系としてかなり注目されています。

また、大学だけでなく企業の社員教育・研修にも取り入れられています。

 

学ぶ側の人が主体性を持って能動的に学ぶことで、社会に出ても通用する力を付けることができます。

 

差がひらく

ラーニングピラミッドにおける上層(講義を受ける・本を読む)だけをやっている人と上層から下層をやっている人を比べると、やはりどんどん差は開いていってします。

下層は学ぶ上ではかなり重要だが、上層をおろそかにしていては人に教えることも議論することもできません。

学習定着率は低いですが、上層もしっかりとやることが大事になります。

 

まとめ

ラーニングピラミッドは効率良く学習する上で、とても重要な考えです。

講義や本で学んだことを実践する・他者と議論する・他者と教え合うことで理解を深めていきましょう。

コミュニケーション能力や考える力も一緒に養われるので、ぜひ意識してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-勉強, 雑学

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.