ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

数学

【数学チャート式】自分にあった色のチャートを選ばないと損をする!?

更新日:

高校数学のバイブルであるチャート式

理系学生なら知らない人はいないと思います。

チャート式は問題数が豊富にあり、網羅性も高い。それゆえ、高校の教科書として配布しているところもある。解説が非常に丁寧なこともチャート式の魅力の一つ。

そんなチャート式には1A・2B・3のそれぞれに難易度が低い方から「白チャート」「黄チャート」「青チャート」「赤チャート」の4色があります。

実は医学部入試数学の「黒チャート」やセンター試験対策の「緑チャート」なども存在しますが、今回は最初に挙げた4色について書いていきます。

気になる方はどうぞ!

僕が使ったのは「黄」と「赤」

僕自身も大学受験の時はチャート式を使って勉強していました。僕が使っていたのは「黄チャート」と「赤チャート」です。

あっ、「黄チャート」と「赤チャート」を間違える方がたまにいるのでそこだけは注意してくださいね。どちらも黄色を基調にしているんですよ。赤は真っ赤にしても良い気がしますが...

 

なぜ黄チャートなのか

2Bの参考書が欲しいなと思って本屋に行ったもののどの参考書が良いのかわからない。

ただ、チャート式ってのがやたらスペースを取っていて目立っていた。

色分けされてよくわからない状態だったので、黄色が好きだから黄色のチャート式にしよう!ってことで黄チャートを買いました。

 

なぜ赤チャートなのか

東大に行くと言っていた同級生から高校2年生の時に譲り受けたのがまさかの赤チャートでした。高校2年生の僕にそれを渡すということは、その時にはもう彼は赤チャートを終えていたということになりますね。素直にすごい...。余裕で東大に受かったそうです。

と、友達自慢はここまでにしましょう。笑

数学が好きだったのでそれをそのまま使いました。

 

損をする!?

黄チャートの方は結局あまり使わなかったです。お金が...

赤チャートは使いましたが、正直なところは青チャートでも良かったかなって感じです。譲り受けたものでしたし、数学が好きだったので満足ですね。

僕の場合はたまたま損をしていないですが、自分のレベルに合わない(低すぎる又は高すぎる)ものを買ってしまうとお金と時間を無駄にしてしまいます。

他にもやる気や自信がなくなって継続できなくなってしまいます。

損をしないために自分に合ったレベルを選びましょう。

 

どんな参考書?

問題数が豊富で、解説が丁寧です。さらに網羅生が高いので他の参考書に比べると厚くなっています。

問題部分と解答部分は別々にできます。

ページの構成は基本的に

例題・例題の解説・練習問題

になっています。

 

白チャート

本屋によっては置いていないこともあります。

数学が苦手・嫌いではなく、数学がとても苦手・嫌いという方にオススメします。

数学なんてなくなってしまえば良いのに!...でもやらなきゃいけない。そんな状況の方は焦らずに白チャートから始めるのが得策だと思います。

 

 

黄チャート

基礎からしっかりやっていきたい人にはピッタリです。

黄色か青色のどちらにするかで迷う方が多いと思います。

数学がそこまで得意ではないな〜っていう方は黄色にしましょう。

黄チャートをしっかり理解し、最後までこなせば大学受験でも十分な力を得ることができます。ただ、狙う大学によっては他の参考書・問題集が必要になります。

 

青チャート

学校の授業がある程度理解できていて、難関大学を目指すのであれば青チャートが良いと思います。

青チャートは黄チャートの問題をカバーしつつ、黄チャートよりもレベルの高くなっています。

数学が得意だという方は青チャートを選びましょう。

青チャートを完璧にやれば、他の参考書や問題集に頼る必要もないでしょう。

 

赤チャート

大学受験は青チャートで十分に対応できるので、わざわざ赤チャートに手を出す必要はないかと思います。

数学がとても好き・得意なのであれば使うのもありかもしれません。

受験勉強として赤チャートを使うのは少々非効率かもしれないが、面白い問題も多く、ライプニッツの定理や微分方程式なども扱われているので使って損はないと思います。

 

使い方

問題数が多いので例題・練習問題・章末問題を全部解いていたのでは、1周するのに時間がかかり過ぎてしまいます。

1周目は、例題のみを解く。

2周目は例題を解き、わからなかったものはそれに対応する練習問題を解く。

3周目は章末を解き、わからなかったものはそれに対応する例題および練習問題を解く。

こうすることで1周するために要する時間を減せます。

上記の使い方はあくまでも一例に過ぎないので、自分に合った勉強法で進めましょう。

 

最後に

チャート式は本当に素晴らしい参考書です。高校の教科書として配布されるのも納得です。

本自体が厚いので重いです。持ち運びが大変なのが難点かもしれません。笑

自分の実力に合ったものを選んで、毎日続けていきましょう。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

-数学,

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.