ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

雑学

どうして郵便ポストは赤い? その理由は?

投稿日:

こんにちは、ヤベチュウです。

 

 

駅前やコンビニの前など街のいたるところに存在しています。

今はメールやSNSで簡単に連絡が取れるようになりましたが、それでも使うことはあるのでたくさん存在しているとありがたいですね。

たまにですが僕も使っています。

 

 

突然ですが、質問です。

「郵便ポストの色は?」

 

 

ほとんどの方が「赤色」と答えるのではないでしょうか。

僕も赤色と答えます。

 

なぜ赤いのでしょうか。

歴史 最初は木製?

初めて郵便ポストが設置されたのは郵便制度が始まった1871年(明治4年)のこと。

 

当初は木製の四角い箱が設置され、郵便の開業を知らせる「太政官布告」、郵便の利用方法を知らせる「書状を出す人の心得」、あて地別の郵便料金と届くまでの時間を知らせる「各地時間賃銭表」が付けられていました。

 

東京に12カ所、京都に3カ所、大阪に8カ所、そして3都市を結ぶ東海道上に62カ所のポストが設置されました。

もしかして、これだけの場所に「書状を出す人の心得」や「各地時間賃銭表」を手書きで書いていたんですかね。大変だ(^_^;)

 

翌年の1872年には郵便ポストの利用者の大幅に増加し、それにあわせてたくさんのポストが必要になりました。

その際に、ポストの形状も変化させ、角に鉄板を貼って強度を上げ、黒いペンキで塗装を施した「黒ポスト」が作られました。

 

その後、黒ポストは30年間使い続けられて、1901年に火事に強い鉄製の赤色丸型ポストが考案された。

この時、ポストを「赤色」に塗ったのはポストの位置をわかりやすくするためでした。

 

確かに歩いていて赤いポストはかなり目立っていますね。

 

珍エピソード

先ほどの黒ポストについて面白いエピソードがあります。

ポストが普及していく中で、公衆便所も普及していきました。

 

ここでこの字をしっかりと見てもらいたい。

郵便箱

 

次にこの字。

垂便箱

 

そう、かなり似ています。

酔っ払った人が「郵便箱」という字を「垂便箱」と見間違えてしまい、小便をしてしまったのです。

 

考えただけで...いや想像もしたくない。笑

最悪な事態ですね。

 

最後に

ポストが赤いのは目立たせるため。

ポストは歴史が長く、ユニークなエピソードもあって奥が深いですね。

 

スマホやパソコンで連絡を取るのも良いですが、たまには手紙も良いかもしれませんね。

 

最後までありがとうございました。

 


参考:郵政博物館

-雑学

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.