ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

IT

プログラマーは理系?文系?

更新日:

プログラマーに大事なこと

① 論理的思考

相手は機械なので論理的な指示に基づいて動いてくれます。論理的な思考ができてこそ、論理的な指示が出せるはずです。

コードを簡潔に書く上でも論理的思考は必要になってくるでしょう。

数学や物理に日常的に触れていることを考えれば、この点は理系の方が有利と言えるかも知れません。

 

しかしながら文系が論理的思考が出来ないなんてことはない。さらには論理的な文章構成力は文系の方が鍛えられているのではないでしょうか。

 

② コミュニケーション力

一人でやるという方は必要ないかも知れませんが、ほとんどの方はチームでやることになると思います。進捗状況や役割分担や質問・相談など話さなければならない場面はたくさん存在します。

 

③ 調べる力

コードを書いている中でわからないことやバグは当然ながら出てくると思います。その際に、本やネットで調べたり人に聞いたりして解決していかなければなりません。

 

④ 丁寧

コードをキレイに書いても汚く書いても同じ挙動を示すことは可能です。しかしながら、雑なコードというのは見にくいので一緒に作業を進めていくチームに迷惑がかかりますし、成果物も雑なものになってしまうでしょう。

 

⑤ 忍耐力

バグを見つけるのに時間がかかってしまったり解決するのに時間がかかったりします。テストも数回必要になりますし、様々な視点でテストケースを考えていかなければなりません。

一文字でも誤字や脱字があればエラーになります。

また、クライアントから急な要望で仕様変更になることもあります。プログラムを書き換えた時に他のプログラムに影響が出ることもあり、とても地道な作業になります。

 

理系なのか文系なのか

コミュニケーション力や忍耐力は理系文系関係ないので、どちらが向いているとかはないと思います!

現に、たくさんの文系出身の方がプログラマーとして活躍しています!

僕の友人(文系出身)も半年前からプログラミングを始めましたが、とても楽しいと言っています( ̄∀ ̄)

 

 

まとめ

これからどんどんプログラミングができる人が必要になってくると思います。

理系か文系かを気にしないで、興味があるならとりあえず始めてみてはいかがでしょうか。とても楽しいですよ!

仕事としてではなく趣味としてやることも可能なので、ぜひトライしてみてください。

-IT

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.