ITと数学以外にも様々なジャンルを記事にしていく雑記ブログです。

ヤベチュウとIT&数学

進路

大学卒業後に専門学校へ進学する人が注意することと心掛けること

更新日:

こんにちは、ヤベチュウです!

僕は大学を卒業後に、ITとプログラミングの知識・技術を学ぶために専門学校へ進学しました。

そういう方は年々増えているようで、同じクラスにもいたのでホッとしたのを覚えています。

 

同じように、大学卒業後に専門学校へ進学しようと思っている方向けの記事です( ^∀^)

僕の経験も入れながら書きました!

ぜひご覧ください!

 

 

注意すること

最終学歴

大学を卒業後に専門学校へ行くときに注意する点として、「最終学歴がどうなるのか」という疑問があります。

まず最終学歴とは、時系列的に一番最後に卒業した学校という意味ではなく、「最も高い水準の教育機関を卒業した経歴」のことを言います。

その水準というのが以下の順番で、

中学 < 高校 < 専門学校・高専・短大 < 大学 < 大学院

右に行くほど高い学歴になります。

つまり、大学卒業後に専門学校へ進学し、卒業した場合でも最終学歴は「大卒」になります。

 

 

年齢

ほとんどの方が気になるのは、「年齢の差」ではないでしょうか。

「話が合わないんじゃないか」

「変な目で見られるんじゃないか」

「仲良くしてもらえないんじゃないか」

など様々な不安があると思います。

確かに、高校を卒業してすぐに専門学校へ進学をしたという18歳の方の割合は多いです。

しかし、大学卒業後だと22歳〜24歳くらいで専門学校に入学することになるので、年齢の差は4個〜6個ほど。

20個も30個も離れていればわかりませんが、この程度の歳の差では不安に思っているようなことは起こらないです。

それに、20代後半の方もいますし、30代の方もいるので年齢で心配することはありません。

僕のクラスでは、最年長が32歳、最年少が18歳。

と、割と幅がありました。

 

 

心掛けること

人間関係

どこに行っても人間関係は付きものですね。

しかし、学ぶために入学したのに面倒な人間関係で悩まされるのはとてももったいないことです。

専門学校と言っても、学科・人数・規模・質・設備などによって違いすぎるので、僕の経験でお話しします。

 

高校卒業してすぐに専門学校に進学した方の中には、当然ながら目的を持ったやる気のある方がいます。

しかし、その一方でとりあえず進学した方や遊びに来た方もいます。

そういう方とは関わらないようにすることをオススメします。

大学卒業後に専門学校まで来て、わざわざやる気のない方と仲良しこよしをする意味はないですからね( ̄▽ ̄;)

やる気のある方と関係を築いた方が確実にプラスになるでしょう。

僕が特に関係を築くべきだと思うのは、自分よりも年上の方です。

自分と同じようにしっかりと目的を持って入学してきた方ばかりですし、自分よりも経験が豊富なので面白い話などもたくさん聞けますよ( ^∀^)

 

生徒だけでなく、先生とも良好な関係を築いておくと良いでしょう。

実務経験がある方と繋がれることは、大きなプラスになります。

 

 

目的を忘れない

大学を卒業した後に、就職や大学院への進学という道ではなく、専門学校へ進学することを選んだわけですから、何か目的があるはずですよね。

「デザインを学びたい」

「整備士の資格を取って、技術を身につけたい」

「プログラミングを習得したい」

など、必ず目的を持っているはず。

学校生活は楽しいものですし、クラスというのは中学・高校の時みたいで毎日が楽しく感じるかもしれません。

放課後に友達と遊びたいかもしれない。

もちろん、それも良いと思います。

しかし、そんな中でも入学した目的は絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

しっかりと目的を持って入学すれば、今抱えているような不安や悩みは自然と解消されるはずです。

ネットでの情報収集や実際に足を運んでみることでも解決することもあります。

調べて自分の目的に合う専門学校を選びましょう!

 

専門学校にはいろいろな方がいます。

そういう意味でも面白いところなので、僕は専門学校が好きです( ^ω^ )

 

最後までありがとうございました!

-進路

Copyright© ヤベチュウとIT&数学 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.